HOME

葬儀と法要の基礎知識

遺品整理と形見分け

故人の遺品には、さまざまな思い出をお感じになられておられることとお察し致します。けれども、遺品の整理や形見分けを正しく行い新生活への区切りをつけることは、故人への礼法のひとつであり供養にも通じることです。念のため、必要な心得をご連絡させていただきます。

故人の勤務先・関係先などの遺品整理をわすれずに

  • 葬儀後なるべく早い機会に、挨拶を兼ねて故人の勤務先を訪問します。
  • 自宅にあった会社関係の書類、バッジ、鍵、社会保険証、厚生年金手帳、身分証明証などを持参し、会社の上司へお返しします。
  • 勤務先にある個人の私物は、会社の方のチェックを受けてから持ち帰ります。

故人の勤務先での各種手続きを確認します。

  • 給与、退職金、社内預金、持ち株などの有無を確認します。
  • 団体生命保険などの加入の有無を確認します。
  • 社会保険の埋葬料、厚生年金の遺族年金請求手続きを依頼します。
  • 年末調整を即刻開始していただくため、保険料控除や医療費控除の資料を提出します。
  • 所得税が還付される場合が多いので、受取人の振込口座を指定します。

自宅で不要になったものは、なるべく焼却します

  • 眼鏡、ぱいぷ、寝間着、タオル、洗面用具、化粧道具など、故人の生活用品で不要になったものは、なるべく家族の手で焼却しましょう。
  • 本、囲碁、将棋、トランプ、カルタ、アルバム、趣味の品など、故人が特に愛好していた品物は、形見分けする場合もあります。
  • 焼却前には、線香を上げ、故人を偲んでお祈りしましょう。(僧侶に依頼しなくともかまいません。家族で心を込めてお祈りすればよいでしょう。)

大型ゴミは、公営施設か専門業者へ

  • 公営施設へ持ち込む場合や専門業者へ依頼する場合は、事前に市役所などに問い合わせてみるとよいでしょう。

住所録を残しておきましょう

  • 故人の住所録や手紙は、葬儀後の案内を出すために必要となる場合もありますので、当分の間は保管しておきたいものです。また、日記、手紙、メモなどにも、大切な事柄が記入されている場合がありますので、最低1年ほどは残しておきたいものです。

税務関係の記録は7年間保管します

  • 故人が事業を行っていた場合は、収支決算を行い、遺族が確定申告を行います。
  • 関係する書類や帳簿、領収証などは、きちんと整理し保管しておきます。
  • 税務関係でいつ必要となるかわかりませんので、必ず7年間は保管しておきます。

領収証は保管しておきます

  • 支払いを証明する領収証は、契約の更新や税金関連の控えとして必要になる場合がありますので、整理、保管しておきます。

故人を偲び、この世との接点を残すことは供養のひとつです。

  • 法要の機会を持つことや、写真を掲げること、思い出になる品物を使用することは、思いを通じて故人と接することです。
  • 形見分けは、故人との接点を現世に残し、故人の分身を日常生活に生かす素晴らしい供養の方法です。

まだ使用できる品物は、形見分けします。

  • 形見分けは親しい人のに限ります。
  • 形見分けは包装しません。