HOME

葬儀と法要の基礎知識

遺産相続の基礎知識  

  • 遺産分割協議書
    二人以上にて相続するときは、専門家(弁護士・行政書士・司法書士)に依頼して「遺産分割協議書」を作成し、全員が署名押印します。
     
  • 遺産分割の順序
    相続できる人の範囲や順序は、法律で定められております。これを法定
    相続人といいます。法定相続は、配偶者と血族に限られており、その中でも順位が決められています。
     
  •  相続の例
    1・配偶者と子が法定相続人の場合、配偶者が1/2,子が1/2です。子が2人以上の場合は、子の相続分である1/2を子の人数で分類します。
    2・配偶者と父母が法定相続人の場合、配偶者が2/3,、父母が1/3です。兄弟姉妹には権利がありません。
     
  • 遺言があっても、最低保障があります。
    故人の有効な遺言があった場合でも、遺族の生活保障と公平性を守るため、遺言では動かせない最低保障の法的制度があります。これを遺留分といい、遺言によって自由わけることの出来るのは、相続財産から遺留分を除いた残りということになります。
     

遺留分の場合

  子供だけ 子供と配偶者 親と配偶者 配偶者だけ 親だけ 兄弟姉妹
遺留分 1/2 1/2 1/2 1/2 1/3 無し

遺留分についての各相続人の取り分は、法定相続分の割合になります。権利の行使は、1年以内に行います。